2019年07月05日

「野球演劇部」が完成するまでの初期シナリオ案

どうも、シナリオの案ってあるじゃないですか、
自分の場合、まず複数の短期物
考えてます。

例えば、子供に変身できる一流スパイが、
金持ち専用の小学校に潜入

そこで厳重に守られてるブツを盗むという任務で入ったものの、
そこでは女子生徒が絶対の権力を持ち、
男子生徒は奴隷のように虐げられる日々
送っていた。

そのため、それに同情したスパイが、
当初の目的より、男の尊厳を取り戻すため
男子生徒に力を貸していく。

……と、このように何種類かの話を考えていました。
そして、この中で
一番、需要ありそうな作品”を
探していく事になります。

そもそも野球演劇部の前身だって、
まず太陽やグラみたいなゴツイおかまが主人公で、
ギャグ色も強い話でした。

ちなみに、その話は【緑山高校】という
作品に似てました。
まあ不思議なもんで、その緑山野球部、
自分の地元である福島県代表なんです。
変な縁ですね。

そのため当初の【野球演劇部】
この構想は、いい加減もんで、
真面目に話を考えてたとは言えません。
……ただ、もし商売として考えるならば、この
“野球”を題材とした、作品が
“一番需要あるだろうな”
とは認識していました。

ただ野球関係となると、
外野のしがらみがうるさそうだし、
文系の自分がやっていいのかな? 
と思ったので、最初は、
自由にやれそうな軍事物で構想を開始しました。

そもそも軍事物の作品自体が少なく、
まだまだ開拓地の多いジャンルだったからです。
(まあ、隙間産業狙いって奴です)

ちなみに、その辺の細かい話は
【制作概要】でも説明してます。

……ただですね、その軍事物の制作を始めて見ると、
これは思ったよりハードルが高いと判ってきたんで、
ここはハードルを下げる意味合いも兼ねて、
やはりスポーツ
ここは野球モノで話を考える事に
変更したと云う経緯があります。

posted by Team_PFB at 19:29| Comment(0) | 制作秘話